【ルアーリペイント】やってみよう♪自分の好きなオリジナルカラーに塗ると釣れるぞ(都市伝説)

久しぶりにささっとルアーリペイントしてみたので、簡単に作業内容の紹介、及びリペイントのすゝめ記事です(/・ω・)/

やってみようルアーリペイント♪

こんにちは、最近は自作ルアー作り始めてしまったので、すっかりリペイントはしていませんでしたが、以前は暇を見つけちゃルアーリペイントに取り組んでいたみかんです。

今回は良い具材が入ったので、久しぶりのルアーリペイントです。

具材はコチラ。

はい、塗装ベトベトぐずぐずのコットンコーデル C.C.シャッドさんです。

C.C.シャッドはとんでもなく名作ということを良く耳にしながらも、記憶にある限りではこれまで使ったことがなかったんですよね…汗

しかし先日、中古コーナーをパトロールしていた際に塗装グズグズ格安品を見つけてしまったので、ついリアクションバイトしてしまいました(^_^;)

リペイントの前に塗装剥がすぞ

では早速リペイントを開始…

とその前に、既存のペイントを剥がさなくてはですね。

やり方は色々あるかと思いますが、今回はブロガーお友達のツリラクさんが紹介していた方法を試してみますかね…

TsuriLuck

ルアーの塗装を剥がそかな。 ふとそう思い、塗装剥がしにチャレンジしてみました。 目次 1 用意するもの2 巻いて浸す3 …

まぁ簡単にいうと割と濃い消毒用エタノールをキッチンペーパーなどに湿らせて、それでルアーをくるんで放置して塗装を剥がすというやり方です。

エタノールはあまりに薄いと溶剤効果が低いので、70~80%とか、エタノール濃度が高いやつを使いましょう。

塗装をやっつけるのに必要な漬け置き時間については、塗装の種類・状態によって大きく変わるので「コレ」というのはありません。

漬け置きしすぎてもルアー自体を痛めてしまうので、ボディの破損などに繋がる可能性があります。

というわけで、正解はないのですが10~15分くらい放置したら塗装をごしごししてみて、剥がれるかどうかな~なんて様子を見ながら剥がしていきます。

それで、今回のC.C.シャッド…塗装がぐずぐずになっていた背中あたりのところは10分くらいで剥がせたのですが、ベリー側の下地塗装が中々落ちない…

ということでめんどくさがりな私は目の細かい耐水ペーパーでささっと削りとってしまい(笑)、はい完成(/・ω・)/

しかし耐水ペーパーによる塗装削りをやると、凹凸が消えていってしまうので、元々のボディの「彫り」を活かしたい方は頑張って薬品漬けで剥がしましょう!

キャンディ塗装するぞ

エタノール攻撃が終わったら、どこかにルアーを吊るして一晩くらいは干しておきましょう。(ボディに染み込んでしまった溶剤を飛ばす)

からの、今回はプラモデル界隈なんかでよくやられているような「キャンディ塗装」で仕上げてみましょう。(完全な思い付き)

塗装の手順としては…

  1. 下地色にブラックを塗る
  2. ブラックの上に粗目のシルバーをのせていく
  3. シルバーの上にクリア系カラーをのせていく

これだけです。(キャンディ塗装の特徴的なものは、気になる方は適当にぐぐってみてください)

ほい、さくっとギルカラーに塗ってみたぞ!(パープル吹きすぎて失敗、ラメ感強すぎて失敗。まぁ自分が使うやつだから気にしない…泣)

ちなみに使っているのはナナブンノニブログ一押しの「充電式エアブラシ」でございます。

関連記事

ルアービルディングの世界へ飛び込むために、乗り越えなければならないハードルをぐっと下げる、「充電式コンプレッサー一体型エアブラシ」をレビューします。 目次 1 ルアービルディングへの障壁2 初期投資にそこまでかけられない…のであれば…3 充電式コンプレッサー一体型エアブラシ外観&4 充電式エアブラシで試し吹き5 充電式エアブラシで実際にルアーを塗装する6 入門者には運転時間は十分7 購入す […]

目を入れてコーティングするお

からの目を入れまして…

軽く色止めにクリアラッカーを吹いておきます。

※ここで一気に厚塗りしようとすると、色流れ・色飛びがおきますので、さっさっと吹いて数時間放置×2、3回する感じ。

そして色止めが終わったら1~2日間くらいは溶剤を飛ばすためにまたどこかに吊り下げて放置しましょう。

 

そしていよいよコーティング。

今回コーティングには「エアブラシ用UVレジン」を使用してみました。

吹き専用UV塗料プロ用 100ml

吹き専用UV塗料プロ用 100ml

1,980円(12/08 17:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

こいつをエアブラシで拭いたあと、UVランプ内に吊り下げて1時間…

からの念のためで、一日外干し・・・(ゆっくりじっくりUVを当てます)

フックを取り付け完成だお

UVレジントップコートがカチコチに固まったら、フックを付けたら完成です♪

▲なんとなく元々入ってたパッケージに戻してみた。笑

評価の高いルアーだし、今の時期にいい感じな気がするしなので、早速実践投入するつもりです。

使うのが楽しみです!

セルフリペイントルアーは釣れるぞ!

セルフリペイントルアーは魂…というか怨念みたいなのがこもっているので、釣れるのですよ…卍(ΦωΦ)卍

・・・という都市伝説があるとかないとか。

まぁデフォルトのカラーでも十分釣れるのは間違いありませんが、「これで釣ってやるぜ!」という意気込み的なものはかなりアップすること間違いなしですよー!

おわりに

ルアーのリペイントについて簡単に書きました。

ハンドメイドルアー作ってみたい!でも塗装できるか謎…という方は、まずは既存のプラ製ルアーのリペイントからトライすることをオススメします。

バルサ削ってセルロール含浸・下地コーティング、からのペイント+コーティングって、色々と塗料やコーティング剤の相性や扱い方のコツみたいなのがあるので、折角ウッドから削り出しで作ったルアーが塗装で硬化不良ドロドロぶつぶつ…なんてことはざらにありますので(^_^;)

とはいえやってみなければ何も進まない!ということで興味ある方はレッツトライです♪

関連記事

専用設備と専用塗料を使い、秘密の工法でこだわりのハンドメイドクランクを作る…ということは素人では中々できることではありません。汗 というわけで今回は、「ほとんどのアイテムを100均で揃え、それらだけでどこまでのルアーを作れるのか挑戦してみよう♪」という企画をお送ります! 目次 1 100均ハンドメイドルアーに挑戦しよう!2 1.材料と道具を揃える3 2.クランクベイトを設計する4 3.型からバルサ […]

広告