【コラム】カヤック5年生の今。マイカヤック購入に後悔はなかったか?

小学五年生から2014年までほぼオカッパリオンリーだった私が、カヤックに乗って釣りを始めて早5年目…

カヤックフィッシングライフに後悔はなかったどうか、振り返ってみました。

カヤックでバス釣りを始めたキッカケ

2015年3月にシットインタイプのカヤック、「パーセプション サウンド10.5」を購入し、カヤックバスフィッシングを始めて気が付けばもう5年生になっていました。

▲購入当初のサウンド10.5。ピカピカでうらやましい。笑
関連記事

最終更新日:2019年9月18日 ここ数年で一気に知名度が上昇したパーセプションのサウンド10.5(Perception Sound10.5)及びそのダウンサイジングモデルの9.5。 わたしは4年前にバス釣り目的でサウンド10.5を購入しましたが、カヤックシーズン中はおおよそ週1ペースでこのカヤックに乗って釣りをしています。 そんなヘビーユーザー視点から、このカヤックを解説したいと思います! 目次 […]

当時、何故カヤックを購入すると決めたかについては、昔のブログには書いていましたが、今はもう記事として残っていませんね。汗

なので、ザックリお話しをしますと、一番の理由は、ボートスタイルなら今後のバス釣りライフに活路を見出せるかも…と思ったからです。

 

私が住んでいる地域は、地元で魚釣りを楽しめるような環境が元々乏しいわけですが、残念ながら近年釣り禁止・立ち入り禁止は増えていく一方というのが悲しい現実で、気軽にオカッパリで遊べる釣り場というのはもうほとんど残されていません。

 

とはいえマイボートなんて、私には夢のまた夢、無理無理…なんて思っていたところ、とある悪友さんから…

  • 「カヤックならみかんさんの1タックルくらいで買えちゃうよ」
  • 「カヤックなら維持費かからないよ」
  • 「カヤックなら朝まずめだけでもやりやすいよ」
  • 「カヤックなら・・・」

とマインドコントロールを受けまして(笑)清水の舞台から飛び降りる覚悟で嫁さんに交渉。

 

交渉の中では色々な話は出ましたが、結果的にはモンベルショップ(イオンレイクタウン店)で在庫処分セールをしていたサウンド10.5を見つけて飛びつき、購入したのでした。(今やサウンドは人気艇なので売れ残り値下げとか考えられないことですが。笑)

 

当時、長男2歳、次男生後半年ほど…という状況でしたから、嫁さん何だかんだ優しいなぁと感謝です(^_^;)

そうしてカヤックバスフィッシングの道に足を踏み入れてしまったわけですが…

カヤック1年生、釣れなすぎて笑うw

今ではある程度は魚をキャッチできるようになりましたが、実はカヤック1年生のときの話をすると、まぁ釣れないのなんのって…

しかもカヤックフィールドとして選んだ川はそこそこ流れもあり、流速の変化も時期は日によって結構ある場所のため、「いやいや漕いでも漕いでも進まなくて釣りどころじゃないんですが。滝汗」みたいな日も結構あって。苦笑

 

結局その年は10数回浮いて、魚をキャッチできたのは一度のみ・・・

▲記念すべきカヤックファーストフィッシュ。この日だけはベリーイージーでバズを巻けばバイトがあるという単純なラッキーデイでした。汗

そんな感じで、なんかもう苦行感凄くて、、、横ではアルミボーターさんたちが和気あいあいとスマートに釣りしているのを横目に見たりして…あのときの劣等感は凄かったです。

 

あぁ、なんだよコレ、カヤックなんてバス釣りに向かないだろ…とまで思っていましたね、まじで。

 

カヤック2年生からオカッパリは捨てた

そんな1年目を経て2年目、カヤックで釣れる気なんて全然しないけれど買ってしまったものは仕方ない。

もうやっていくしかない。

そんな想いで、オカッパリで釣りすることはほぼ辞めました。

カヤック1年生のときはオカッパリメインの浮けるときだけカヤック…という中途半端なヤツだったので、だから釣れないのかと。

しかしそのおかげもあって、苦慮しながらも少しずつ魚をキャッチできるようになっていきました。

▲初めてカヤックで捕った40UP。ボルケーノグリッパーに一回ミスバイトしたのに追い食いしてきたのを今もよく覚えてる。

オカッパリの釣りとは全く違うリズムで、川の流れに逆らったり、流されたりしながらボートポジションを作ってキャストしていくあの感じ、言葉では中々言い表せませんが、そういう感覚を身につけていきました。

マイカヤックを購入したことに後悔はない

なんかこんなこと書くともうカヤック辞めるみたいな雰囲気になりますが(やめませんよ。汗)、カヤック5年生の今、いややっぱりカヤック買って良かったなぁとしみじみ思っています。

 

15年以上やり続けてきたオカッパリスタイルを離れて、カヤックに乗ることに最初は不安しかありませんでした。

こんなん買っちゃったけどちゃんと扱えるのかな?(汗)から始まり…

出船して川くだったは良いけどコレ帰れるのかな?(焦)とか…

すげー疲れるくせに全然釣れないからカヤックなんかより、やっぱオカッパリで良かったんじゃないか…?(後悔)とか。笑

 

しかし新しいことに挑戦したことで、今まで知らなかったこと・感じられなかったことってたくさんあったんだなぁと身をもって体験できました。

▲カヤックから望む朝焼は最高です。個人的には5~6月くらいが特にイイ。

そして人力でカヤックを漕いでからの、アプローチ、そしてバイトからの、不安定で何も抵抗ができないカヤックを振り回されながらキャッチしたデカバスを釣ったときのアドレナリンったら…(^_^;)

使っちゃいけないクスリですよアレは。笑

ただし別にカヤックをオススメするわけではない。笑

とはいえ、こういう話するときは必ず注意書きをするのですが、別に「カヤック楽しい!オススメ!みんなやろうよ!」なんていうことは言いません。笑

それはカヤックがとても不自由な乗り物だからです。

アルミボーターさんとフィールドでお会いするとよく「いいよね~カヤック、どこでも出せて手軽だし欲しいわ~」なんて言われたりするのですが、いやいやいやいや…

ずっと座りっぱなしで腰痛いし、目線低くてサイトできないし、ボラミサイル飛んできて顔面ヒットしそうになるし、自力移動ハンパなく疲れるし、当然操船しながらキャストできないし、ハクレン掛けたら引きずり回され地獄だし、ちょっとした風でも船のコントロール効かなくなるし、もはやルアーの引き抵抗ですらカヤック動きまくるし。苦笑

確かに手軽というのは否定しませんが、こちらから見ていると、エレキスタイルがどれだけスマートに見えるかっていう話ですよ…(もちろん隣の芝生は青く見える的な部分があるのは自負しています)

今後カヤックでどう釣りしよう…

最近よく考えているのは、今後(来年から)、カヤックでどんな釣りをしようかなということです。

ここ数年かなり投げ込んできたワイヤーベイトやトップウォーター(ハネモノやバド系)以外に、例えばクランクベイトとか、ビッグベイトの可能性を模索するとか。

カヤックを浮かべたことのないフィールドに出向いてみるとか…

まだまだ試みたことないことはいくらでもあるので、少しずつでも「これまでとは違うこと」に挑戦していかないとな~なんて思ったりしております。

さいごに

ふと思い立ったとき「5年」というキリの良い数字だったので昔話を振り返ってみました。

なんでもそうですが、5年くらい続けていくと少しずつ見えてくるものがあったりなかったりで、場合によっては一層楽しくなってくるターニングポイントだったりするのかなぁなんて思ったり。

(ブログとかもそうですが、多くの人は1、2年でやめちゃったりしますからね)

とはいえまだまだ大先輩方から見たら私なんてゴミムシ。

将来、バスポンドの松井さんのようなステキなオジ様になれるよう、これからもキ~プキャストします♪

BP松井の「ひとり言」(日記)2

<<実は、先程ほぼ書き上げたブログ記事がアップする前に飛んじゃいました(T_T)...…

関連記事

最終更新日:2019年10月2日 ローカル&マニアックで決して万人向けではない当ブログですが、嬉しいことに「ブログ見てカヤック挑戦することに決めました!」や「カヤックでバス釣りするにあたり参考にしています!」などという声を、SNSやブログコメント欄を通じて届けてくださる方が複数いらっしゃいます… というわけで、カヤックバスフィッシングに興味を持っている方の参考になればと思い、カヤックでバス釣りする […]

 

広告