【スポーツパル】アルミカヌーがめちゃ気になる。数年以内にカヤックの乗り換えを検討中

カヤックバスフィッシングを始めて丸5年が経過しようとしていますが、新艇について妄想をしている今日この頃です。

今回は妄想エアプレイですが、アルミ製カヌーについて注目してみます。

アルミカヌーがめっちゃ気になっている

こんにちは、カヤックバスフィッシングも丸5年が経過し、そろそろ次のプランニングを考えねば…と感じているみかんです。

というのも、カヤックの扱いが雑であるが故に、わたくしのカヤック「サウンド10.5」はだいぶ痛みがきております…

関連記事

※本記事は2019年3月に旧ブログにて掲載した記事をリライトしたものです。 以前発生した、シットインカヤックへの浸水事故について振り返ります。 そして自戒の念を込めて、万が一の事態に対する備えについて考えます! 目次 1 2019年3月のカヤック浸水事件について2 最低限、常備していたい排水グッズ3 まずは安全確認からしっかりと4 万が一のときの応急処置4.1 瞬間接着剤4.2 ガムテープやビニー […]

サウンド10.5(または9.5)はフィッシングカヤックの中では最強クラスといえるコストパフォーマンスを持つシットインカヤックで、またシットインカヤックを買うのであれば、次もコレ買えばいいかなくらいに思っているほどです。

 

しかし、もし浮きモノを新調するのであれば…折角なので新しいことに挑戦したい。

つまりは人力カヤックからエレキスタイルへの移行です。

そこで気になっているのがスポーツパルの「アルミカヌー」です。

アルミ製カヌー!?その全貌をチェック
▲出典元:リトルボートHP

カヌーというと、ほとんどの方が「ウッド製カヌー」を想像するかと思いますが、最近はこんなのがあるんですね…

初めて知ったときには結構興奮しました(^_^;)

アルミカヌーのセールスポイント

アルミボートでもなくウッドカヌ―でない「アルミカヌー」…それに注目している理由について書いていきます。

19キロという驚異の軽さ

まずは船の重量。

このアルミカヌー、なんと重量は19キロと驚異の軽さです。

リニアポリエチレン製のサウンド10.5でも20キロちょっとですから…それ以下ですよ(^_^;)

無論、これであればカートップは余裕でしょう。

小型のアルミジョンボートだと30キロ前後となりますし、これはまじでカートップスタイルの人にとってはメリット大ですよね。

関連記事

HOW TO カヤックバスフィッシングシリーズ、今回はカヤックを車のルーフキャリアに積む、いわゆる「カートップ」する方法について、図と写真を使って詳細に解説していきたいと思います! 目次 1 カヤックを車に積むのは簡単!2 カヤックをキャリアに積む方法2.1 step0. 車にルーフキャリアを取り付ける2.2 Step1. カヤックを車の脇にうつ伏せにする2.3 Step2. 船頭を持ち上げてカヤ […]

エレキなしでも使用可能

自分が最もメリットと感じている部分はここです。

▲出典元:リトルボートHP
▲出典元:リトルボートHP

そう、このアルミカヌー、パドリングでも操船できるんですよね…

これについては走破性がどの程度あるのか非常に気になるところですが、もしもパドリングでもある程度操船することができれば、ちょっとしたポイントや短時間の釣行ならいちいちエレキをセッティングしなくても浮かべられちゃうわけです…

つまりアルミボートとカヤックの機能を1艇でカバーできてしまう可能性があるということです…

免許不要艇であるのも魅力

リトルボートさんのHPにあるとおり、スポーツパルアルミカヌーは2馬力エンジンやエレキモーターを搭載しても免許不要艇となります。

※船の全長が330cmなっているため、記事執筆当初は免許必要艇と考えていました、誤った情報を失礼しました。

2級小型船舶免許については、今後の人生で持っておくに越したことはないと考えますが、スクールに通ったり受講・免許取得の費用なども考えると自分の場合だと「今すぐに」というわけにはいきません。

それを鑑みると、免許不要艇であることはありがたいことです。

メモ: ただ、先輩バサーさんたちに教えてもらいましたが、今は「湖川小出力限定」なんていう免許区分もあるんですね。それだと安いところなら4~5万…ロッド一本よりも安いらしいですね。汗しかも一日半くらいで採れちゃうとか?それを考えるとそんなに大きな障壁でもないのかも…!?なんて考えたり考えなかったり…

ウィザード298、フロートボートとの比較

エレキ艇への移行を考えるとその他に候補として挙がるのが小型のアルミジョンボートで人気艇であるウィザードの「WP-298L」、そしてジェイモの「フロートボート」です。

▲出典元:キサカHP
▲出典元:リトルボートHP

 

これらとスポーツパルのアルミカヌーとを試しに比較してみました。

アルミカヌーWP-298Lフロートボート
重量19kg28kg22kg
価格217,800~158,000~55,000~
動力エレキ/エンジン/パドルエレキ/エンジンエレキ/小型エンジン
走破性△?
船舶免許不要不要不要

※上表の走破性はエレキでの走行を想定しています。

こうやってまとめてみると…アルミカヌーたけぇなw

デッキの付属なしならウィザードの新艇の方がだいぶ安いんですね…そしてフロートボートの安さも際立つ。笑

ただフロートボートもカスタムすると色々沼のようなので、そうなると結構な金額を課金することにはなりそうなんですけれどね…

兎にも角にもお金を貯めなければならないということは良くわかりました(;・ω・)

カヌーにフットコンは装着できるのか?

今一番気になっているところは、アルミカヌーにフットコンエレキは装着できるかという点です。

これについては「カヌー フットコン」とかでググってみると、色々とDIYで製作させている方のブログなどが見つかるので、色々と勉強していきたいと思います。

アルミカヌー妄想まとめ

ボーナスとか年末調整の時期なので新艇妄想タイムしてみました。

カヤックの釣りは続けたいけどエレキ艇へのステップアップもしたい、でも2艇持ちなんてやったら1000%で奥さんから『調子にのるなよ…』とキレられることしか予測できません。

そんなわけで小型軽量アルミカヌーがめちゃくちゃ魅力的だなぁと。

すぐにとはいきませんが、小型船舶免許の取得等含めて、少しずつステップアップできたらと思う今日この頃です。

広告