【釣行】5月末、アフタースポーンを狙う釣り。ステルスペッパーやフィンク3.7が好調。

前回記事に引き続き、週末のカヤック釣行備忘録。

アフタースポーニングシーズンの釣りが良い感じにハマってくれたので、よいリハビリになりました👏

カヤック釣行を連投です。

はい、ということで週末カヤック釣行を連日してきたので振り返りします。

前回記事で書いたように、今回もしっかり「3ヨシ」を確認して、出撃…

現場ネコによる体調チェック

関連記事

長らく投稿していなかった釣行記を再開します。 コロナ禍がひと段落したこれからの実釣活動についても、自分なりの方針を立ててみました。 緊急事態宣言が解除! はい、というわけで皆様ご存知のとおり、4月7日に発令された「緊急事態宣言」が[…]

あそこでツインブレードクローラー(TBC)のデッドスローに反応があるなら、あっちやこっちであのルアーでも…?という妄想が色々はじまったので検証をしてきました。

朝イチはハネダーター!

ということで出船。

アフタースポーンなバスを狙う早朝カヤックバス釣り

いやしかし、夜明けが早くなってきて嬉しい限りです。

下手すりゃ4時すぎにはもう明るいですもんね…タイムアップが7:30でも3時間以上は釣りできちゃいます( ̄▽ ̄)あは

朝イチは信頼と実績のTBC…

ではなく、そろそろいい加減釣れることを証明したい「ハネダーター」で撃っていきます。

ダーター形状のボディで下顎が水を噛みつつクロールするので、これまた幅広い速度で使えるんです…

TBCはちょっと特殊なので玄人向け感ありますが、コチラは羽根モノエントリー層でも抵抗なく使ってもらえるよう仕様を目指しています。

ハンドメイドクローラーベイトの「ハネダーター」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ナナブンノニ:みかん(@nanabunoni_mikan)がシェアした投稿

ここはきっと誰かしらフラフラしているはず…というおいしいラインをハネダーターで流すと、「ボフッ!」という激し目のバイトいただきました(^^)

ハンドメイドクローラーベイトで初フィッシュ!

ハネダーターでの初釣果

ちょっと小ぶりでしたが、嬉しいハネダーター初フィッシュ!

いやこんなん釣れないわけないと勝手に自画自賛していたルアーですが、ようやく証明できて一安心…汗

スローでチャカチャカクロールしているハネダーターをしばらく追従してきて、追い詰められる場所に差し掛かった瞬間にバイトしてきたイメージでした。

 

表層の反応なし→沈めて追加

引き続き味をしめて羽根モノを色々投げ散らかしていくわけですが、その後の反応なく…

日も上がってきたしちょっと違うアプローチも必要なのか?ということで昨年から導入しているステルスペッパー110Sを投入。

羽根モノデッドスローに出切らない場面で活躍しないかなぁと妄想していたルアーだったのですが…

アフタースポーン期に効くステレスペッパー110

ティムコのステレスペッパー110Sによる釣果

着水からの巻きはじめで速攻ひったくりバイト!(やったー!)

さらに…

ステレスペッパー110Sでフッキングミス

バラシてしまいましたがこれまたいいサイズっぽかった…

しかしこれ完全にアリなアプローチだということがわかったので、かなり大きな収穫です!

 

その後はしばらく横の釣りで反応がもらえなかったので、ファールの釣りを試してみたら一本絞り出せましたよ。

DRTのフィンク3.7でデカバスゲット!

フィンク3.7インチでの釣果

DRTの前歩きザリガニワーム、FINK3.7inchにて。

これまた絶対活躍する場面あるよなぁ…と目をつけていたルアー♪

ブッシュからのファールで迷いなく一撃で喰いました!的なラインスライドでした。

関連記事

2020年も飛ぶ鳥を落とす勢いで人気のDRT(ディビジョンレーベルタックル)発のソフトルアー「FINK3.7inch(フィンク)」を入手。 定番クローワームとは違いがはっきりあるワームなので、ちょっと取り上げたいと思います。 前歩き[…]

DRT FINK3.7を使ってみた。オススメリグは?

リグは↑この記事で紹介したスライドウエイトを使用したウエイテッドリグでございました。

カツイチ(KATSUICHI) DS-12 スライドウェイト #2.5g DS-12

カツイチ(KATSUICHI) DS-12 スライドウェイト #2.5g DS-12

254円(07/09 07:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

こどもたちの学校再開直前ということで、奥さんがだいぶピリピリしておりまして(汗)AM7:30、ここらで撤収としました💩

バスの目周辺の針外しについて

ちょっとここで一個だけ書いておきたいことが。

今回ステルスペッパーで釣ったバスですが、ネットイン後に暴れたせいで、目の周辺にフックがかなり複雑に刺さってしまいました…

瞳直撃はギリギリしていませんでしたが、多分コレ無理やりフック抜いたらかなり傷つけてしまう…といった状況。

そのときもうこれしかないなって思いまして、刺さっていたフックを片っ端から切りました。

安全な針の外し方

トリプルフック×3のルアーって自分の手駒ではあまりないので、目周りにここまで複雑に刺さっていたのは初めてのことだったのですが、フックを切ったらホントに速攻で針はずせました。

もちろんこういうバスへの労りなんて自己満と言われればそれまでなのですが、フックを無理やり抜く、または返しを潰してからどうにか抜くという手法よりも明らかに早く、傷小さく抜けると思います。

もしも同じような場面に遭遇した場合には、フックを切ってしまうという選択もオススメしたいと感じました!

さいごに

アフタースポーンのお疲れバスさんたちが徐々に回復していくシーズンに対して、上手いこと短時間でアジャストできたかも?

本格的にトップウォーターが熱くなってきたので、色々と試していきたいと思います♪

フルカスタムしたシマノ カルカッタコンクエストBFS

ちなみに魚といっしょにさりげなく映っていますが、今回からはカケヅカデザインワークスさんのおかげでパワーアップしちゃったこの子らを登板させております。

この辺についても後日記事にまとめていきたいと思います( ´ ▽ ` )