ギアチェンジ!?14カルカッタコンクエストを4,500円でハイギア化する

カルカッタコンクエストといえばローギアが売りのシマノの高剛性丸形リール!

しかし当然ながら、扱うルアーによってはハイギアの方がメリット多数であることも…

ということで、とっても簡単な手持ちのカルカッタコンクエスト(ノーマルギア)を、ハイギアへのカスタムする方法をご紹介!

14カルカッタコンクエスト100/101をハイギア化したい

手持ちの2台の14カルカッタコンクエスト100ですが、これ実はどちらもノーマルギア(ギア比5.2)であり、ハイギアリール使いてぇぇぇ…というシチュエーションでも、一生懸命【人力早巻き】して対応していたのです。笑

ただ、来シーズンはハイギアリールを活用していきたいと思う釣り(まぁ言ってしまえば今年も多用したバズベイトの釣りとかのことなんですが)があり、ハイギア化を試みました!

あまりにも簡単なギア比変更方法

とはいえ、「試みた」とかいうレベルの内容では全然なくて恥ずかしいんですが…汗

15カルカッタコンクエスト100/101HGの登場により、現行カルカッタコンクエストのギア比変更は超簡単です。

  1. 釣具屋さんでシマノ純正パーツ【15カルカタコンクエスト100/101 HG】のドライブギア(№43、2,500円)、ピニオンギア(№60、2,000円)を注文する。
  2. ドライブギアとピニオンギアを交換する。
  3. ハンドルをノーマル(78mm)のままではトルクが低すぎるので、HG純正(84mm)か社外品に交換する。

・・・これでギア比6.8に変更完了!!

お手製15カルカッタコンクエストHGの完成

なんということでしょう、14カルカッタコンクエスト100がお手製15カルカッタコンクエスト100HGに生まれ変わりました(*´Д`)

使ってみるとやっぱりハイギア化に伴うトルク低下は感じますが、そこんとこはまぁ慣れていくしかないかな…(あとはハンドルをもっとしっくりくるものに替えるのも考えるか…)

来シーズンにコイツを有効に使えるか、今から楽しみです♪

さいごに

こんなん記事にするレベルの内容じゃねぇだろ…と言われてしまいそうなんですが、散々酷使した14カルカッタコンクエストの総まとめインプレ記事を作りたいと思っているので、その布石的なものでこの記事を書きました。笑

以上、カルカッタコンクエストをハイギア化するカスタムでした。

ノーマルギアで買ったけどやっぱハイギアが良かったな…(またはその逆もしかり)なんて人は、自身でギア変更を検討してみてはいかがでしょうか?

【追記】14カルカッタコンクエスト100/101の総まとめ記事を公開しました!

スペックや使用感のインプレからカスタムに至るまで、自分の知る全てを記しています。笑

是非ご一読ください♪
関連記事

発売以降、現在も私がメイン機として溺愛している14カルカッタコンクエスト100/101のタックルインプレッションです。 今更?と思われるかもしれませんが、発売以降、メイン機として今まで酷使し続けたユーザーだから書ける内容もあるかなと・・・そしてカルコンへの愛をいつか、いつか、総まとめとして記事にしたかったので・・・ それ故、今回はかなりの長文なのでご注意ください。汗 目次 1 カルカッタコンクエス […]

その他、関連記事はこコチラ↓から♪

関連記事

以前に紹介した17カルカッタコンクエストBFS HGの深溝スプール・90mmハンドル化… ラインキャパアップ+巻き上げのトルクアップで、これぞライトプラッキング最強機だ♪とイキっていたところ、KAKEDZUKA.comでお馴染み欠塚製作所様からお荷物が届きまして… そう、アベイル社から販売されている【マイクロキャストブレーキALD15】&【マイクロキャストスプール14CNQ1024RI】! 「これ […]

関連記事

タイトルのとおり、愛用の14カルカッタコンクエスト100にKDW(欠塚製作所)製のオフセットジュラルミンクラッチを取り付けてみました。 今回は取り付け方法の紹介と使用感、クラッチカスタムのについて考えてみましたよ(/・ω・)/ 目次 1 クラッチレバーの交換は簡単!2 クラッチレバーを交換した効果2.1 見た目の変化2.2 耐久性の変化2.3 使用感の変化3 カルコンBFSにも付けられるけれども… […]

※カルカッタシリーズのシマノ純正パーツ表(公式HP)はコチラ

広告