【2019年総括】40UPを釣ったルアー全18種と振り返る今年の釣果

2019年の釣果を振り返るにあたり、折角なので40UPを捕獲してくれたルアーたちを一挙すべてご紹介します♪

2019年に活躍したルアー総括

こんにちは、2019年もいよいよ終わりが見えてきましたね。

今年も嫁との年賀状の押し付け合いで紛争が勃発しそうなみかん家です。(まだなんも手を付けていない…)

さて、今年もあと10日程ということで、冒頭に書いた通り、2019年の釣果を活躍してくれたルアーと共に振り返りたいと思います。

2019年もリバーカヤックバスフィッシングをメインで、ラージ・スモールともに「どうしたらでっかい魚が釣れるか?」を考えながら釣りしておりました。

ロクマル…とまでいかなくても、「55の壁」を突き抜けたいところでありましたが、残念ながらそれは叶わず。

しかし自作ルアー含めて、色々なルアーを使いながらそこそこ楽しい釣りができたかな?と振り返ります。

というわけで前置きはこれくらいにしておいて、40UPを連れてきてくれた全18のルアーを紹介しつつ、今年の釣果を振り返りたいと思います。

2019ヒットルアー:ハードルアー部門

まずはハードルアー部門。

ハードルアーでは全15種類のルアーたちが活躍しました。

トップウォーター系ルアー

アベンタクローラー(イマカツ)

様々な状況で効き、アクションの安定性などを鑑みると総合力としてはデカ羽根モノ最強と言っても過言ではないアベンタクローラーは今年も健在。

52センチと44センチのカッコイイラージを連れてきてくれました。

自分のアベンタは変なカラーになっておりますが、これはボーンホワイトアベンタを自分で塗り、デカダッジのマラブーフックを装着して使っております。

ヤマトクローラー(スキルフル×ヤマト屋)

中型クローラーベイトの中では絶対的に信頼しているヤマトクローラーですが、今年はツインブレードクローラーを投げることが多かったので、出番は少なめでした。

それでも44センチ・44センチのラージを連れてきてくれる辺りは流石としか言いようがありません。

詳細は動画付きベタ褒めインプレ記事でどうぞ↓

関連記事

当ブログの「絶対的信頼を置く~」シリーズ第3弾。 デッドスローからファストリトリーブまで対応できる最強の中型クローラーベイト、「ヤマトクローラー」をインプレします。 目次 1 ヤマトクローラーとは2 ヤマトクローラーの使い方・アクション動画2.1 食わせで使うデッドスロー~スローリトリーブ2.2 追わせて食わせるレギュラー~ファストリトリーブ3 ヤマトクローラーのチューニング3.1 フェザーフック […]

ツインブレードクローラー(自作クローラーベイト)

今年の2月にトップウォーターフィッシュをもたらした自作ハネモノ、「ツインブレードクローラー」

そこからのめり込み、テストしてくれた方々の協力もあり、色々と改良を重ねて、最終的には50UPも捕獲。

その他、47センチのラージ、44センチのスモールを連れてきてくれました。

ツインブレードクローラーに関する詳細はコチラからどうぞ↓

関連記事

タイトルそのまんま。今まで部分的に隠してきた自作羽根モノ(クローラーベイト)の全貌をお披露目したいと思います。 目次 1 自作羽根モノ公開2 自作羽根モノ「ツインブレードクローラー」2.1 スペック2.2 特徴3 ツインブレードクローラーの釣果4 ツインブレードクローラーの今後5 追記:ツインブレードクローラーで50UP!! 自作羽根モノ公開 はい、今年は随分とハンドメイドルアー製作を頑張っている […]

ポンパドール/ポンパドールJr(ジャッカル)

流れのあるエリアでもしっかりアピールできる唯一無二であり定番であるクローラーベイト、「ポンパドール(Jr)」も健在。

Jrで46センチ、オリジナルサイズで42センチのラージを連れてきてくれました。

自分なりの使い方など書いた詳細インプレはこちらからどうぞ↓

関連記事

超々今更感満載ですが、今やド定番となったクローラーベイト、「ジャッカル ポンパドール」についてインプレします。 ポンパドールは自分がクローラーベイトに興味を持ち始めた当初に購入した、思い入れのあるルアーであり、なおかつ今もバリバリの現役ルアーです。 以前にもインプレ記事を旧ブログに書いたことはありましたが、改めてポンパドールのメリットや出しどころについてまとめたいと思います。 目次 1 ジャッカル […]

ボルケーノグリッパー3/8oz(ノリーズ)

バズベイト部門では揺るぎない王者と化しているボルケーノグリッパーもやはり安定の釣果。

41センチのラージを連れてきてくれました。

詳細なインプレについてはこちら↓からどうぞ…使う際の注意点などもまとめております。

関連記事

シリーズ化を目論んでいる『絶対的信頼を置く~』第二弾★ ディーパーレンジに続きボルケーノグリッパーの実戦的インプレッション(^ω^) 目次 1 愛用のバズベイト、ボルケーノグリッパー2 バズベイトの基本的な考え方3 バズベイトの中心的存在、ボルケーノグリッパー4 ボルケーノグリッパーの使い方5 ボルケーノグリッパーを使う上での注意点5.1 飛距離が出ない5.2 ワイヤーの変形5.3 トレーラーフッ […]

巻物系ルアー

ディーパーレンジ(ノリーズ)

ボルグリと同様にスピナーベイト部門での王者はやはりノリーズ製…弱波動なのに強アピールなディーパーレンジ(3/8ozまたは1/2oz)はやはりテッパンでした。

アフターな気難しい時期に、46センチのスモールを連れてきてくれました。

詳細インプレはコチラからどうぞ↓

関連記事

ラージ・スモール問わず、これまで捕獲した40UPは数十本、50UPも複数捕獲している『ノリーズ ディーパーレンジ』。 2018年の初バスも結局これで釣らせてもらいましたし、先日の推定55オーバーをバラしたのもこのルアーでした。 名前からして、『ディーパーレンジって、ディープで使うスピナーベイトなんでしょ?』なんて思っている人が少なからずいるのでは…!? そんな人は損していますよ。゚(゚´ω`゚)゚ […]

ハイピッチャー3/8oz(o.s.p)

最近は使用頻度が減っていますが、おかっぱりでは重宝しているコンパクトスピナベ、ハイピッチャー3/8ozもやはり安定の釣果でした。

おかっぱりスモール釣行で43センチと42センチのキレイな虎バスを連れてきてくれました。

チッパワRB(NLW)

今年のニューカマー、チッパワRBもおかっぱりにて活躍。

アフター回復頃に、49センチのスモちゃんを連れてきてくれました。

ラージではなくまさかのスモールだったことには驚きましたが、さすがスモールの聖地であるエリー湖生まれのチッパワくん…といったところでしょうかね♪

ソウルシャッド62SP(ジャッカル)

春のシャッドゲームで毎年安定的な釣果をもたらしてくれるソウルシャッドですが、今年は62サイズが活躍してくれました。

春ならではぶりぶり黒々な46センチのスモールを連れてきてくれました♪

Taiper-CF(自作クランクベイト)

今年の事件というと、ツインブレードクローラーの活躍と並んで自作クランクベイトによるクランキングパターンの開眼もありました。

流れの速いポイントでクランクベイトをチョイスすることはこれまでなかったのですが、バルサ製の自作クランクのレスポンスやアピールの強さがプラスに働いたのか?コフィンリップのセミフラットサイドシャロークランク「テイパーCF」では45センチと42センチのラージをゲット♪

テイパーCFはその後も改良されながら製作しているクランクベイトですが、自分のハンドメイドクランクで一番最初にモデル化したものなので、思い入れのあるルアーです(^^)

Clam-R(自作クランクベイト)

自作クランクベイトもう一つのモデルが、丸みを帯びたフラットサイドクランク「クラムR」です。

こちらも40センチのラージを筆頭に、サイズ問わず良く釣れてくれてびっくりでした!

オーバーライド1/4oz(o.s.p)

巻物系というカテゴライズが正しいかは微妙ですが、冬のメタルの釣りを開眼させてくれたルアーがオーバーライドです。

47センチのスモールを筆頭に、46センチのラージ・45センチのスモールを連れてきてくれました。

大きなスライドでゆっくりフォールするのが特徴のオーバーライドは、自分が通うようなマッディーシャローフィールドで有効になる場面が多いような気がしています。

自分なりの使い方など図解しているインプレ記事はコチラ↓からどうぞ♪

関連記事

今回はマッディシャローをメインフィールドとしている私が、冬のメタルゲームにおいて信頼を置いているO.S.P オーバーライドを紹介します(/・ω・)/ 目次 1 初めてのカヤック冬メタルゲーム2 オーバーライドの特徴3 オーバーライドの使い方3.1 ディープの一段上を狙う3.2 沈みものをタイトに狙う3.3 レンジ的にもタイトに狙う4 メタルバイブに使用しているタックル5 メタルバイブに根がかり回収 […]

ビッグベイト系

ジョインテッドクロー148S(ガンクラフト)

ジョイクロ×流れ×夏の組み合わせも安定の活躍でしたね♪

44センチのラージをゲット!

オチアユミノー(NLW)

ジョイクロ148ではアピールが足らないか?というときに投げたくなるのが西根ルアーワークスのオチアユミノー。

計測写真を収める前にロケットしてしまいましたが、50クラスのラージを連れてきてくれました♪

ブレードが2枚ついていますがアクションのレスポンスはすこぶる良く、流石ゴッドハンドですよ西根さん…

ギロン(ジャッカル)

ギル系としては古株なジャッカルのギロン、「小型の幅広S字系ルアー」をちょっと試したかったところにちょうど中古で目に付いて購入した代物です。

こいつが結構いい仕事をしてくれまして、夏の日があがったタイミングで45センチのラージがブッシュからふらふらっと追ってきてバイトしてくれました♪

ガンクラフトのSソングなんかも併用していますが、今のところはギロンが一軍入りしている状況です♪

ソフトルアー部門

続いてソフトルアー部門。

ソフトルアーは超少ないです、ここまで長くなっていますがもう少しですのでお付き合いください。笑

野良ネズミ(ティムコ)

今年も安定の破壊力だった野良ネズミ。

48センチを筆頭に、45、43のラージ他、相変わらずの無差別っぷりで小バスも捕獲しまくり。

ハイシーズンについては数だけ求めるならひたすらこのルアー投げてるのが一番良さそうですよね…笑

野良ネズミについて未知な方はコチラ↓に細かく書いていますのでどうぞ♪

関連記事

ティムコから発売されているエラストマー素材の表層系ワーム、野良ネズミを使い始めて丸一年が経ちました。 もっと早くから使い込んでいる方々はたくさんいらっしゃるので、自分が色々語るのはちょっと恐縮ですが、自分なりのセッティングや使い方が定まってきたのでまとめたいと思います。 目次 1 驚異的な釣果を叩き出す「野良ネズミ」とは…2 野良ネズミのタックルセッティング3 野良ネズミのフックセッティング4 フ […]

野良カエル(ティムコ)

野良ネズミとはまた全くの別物である野良カエル。

テンポはそんなに速くないルアーなので、流れが強いところにはマッチする感じがしないために多用はしませんでしたが、ハイプレフィールド将監川にて45センチの良いラージを連れてきてくれました。

個人的には川よりも止水域で出しどころがありそうなので、引き続き来年も試していきます♪

関連記事

計画していたフィールド開拓を平日に有休とり、やっと実現でしました… 場所は千葉県、将監川…しょうらん川?しょうあい川?読み方は「しょうげん川」でございます!! 目次 1 将監川に初訪問!ところで将監川とは?2 梅雨の晴れ間の将監川に挑戦3 バズでバイトあり、しかしのらない…4 野良ローテーションで水面バイト!5 将監川=巻き物のイメージでしたが…6 将監川釣行まとめ 将監川に初訪問!ところで将監川 […]

マルチジグSS(ダイワ)

最後です!オジャガ界隈からイイという話を嗅ぎ付けて使い始めたダイワのマルチジグSS(6g)。

初冬の厳しめな状況の中、44センチのムキムキラージを連れてきてくれました♪

フックの刺さり良く、そこそこのスナッグレス性もあり、スモラバまで落としたくないけどフィネスにアプローチしたい場面で今後も多用しそうです♪

2019年釣果まとめ

はい、そんなわけで今年も週末短時間釣行の繰り返しのみでしたが、自分の中である程度狙いをもって、釣りすることができたかなと思います。

一応最終的に数字でまとめるとこんな感じ…

  • 40センチ以上のラージ:カヤック21本、おかっぱり0本
  • 40センチ以上のスモール:カヤック5本、おかっぱり3本
  • 全体から見た40UP率:53%

来年もメモリアルなお魚求めて、適度に睡眠不足になりながら実釣を頑張りたいと思いますー!

長文となりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

★全ての釣行記はコチラから確認できます★



広告