【ハンドメイドクランク】最近のクランクベイト製作。以前からの進化と今後の予定

雑記です。

最近のクランクベイト作りに関して、自分がどんな感じに進めてきたか?今後どうしていくのか?なんてことをつらつらと書いてみます。

第三弾(?)クランクベイト製作しました

SNSでは適度に発信するしておりましたが、少し前に仕込みを始めたクランクベイト製作第三弾(?)がようやく完成を迎えました。

第一段がクランクベイトイベント【ウォブリング】に感化されて初めてバルサクランクベイトをまとまって5、6個ほど作ってみたときのこと。

関連記事

愛くるしいデザインで、ルアーカテゴリの中でも最も(?)マニアが多い「クランクベイト」… 世の中には凄腕ハンドメイドルアービルダーさんが沢山いらっしゃり、私のようなGOMIKUZUが記事を書くのも恐縮ですが、クランクベイトの製作記録をまとめたいと思います! 目次 1 ハンドメイドクランク始めました!2 完成したハンドメイドクランク3 有名ビルダーさんたちはゴッドハンドと実感4 まとまらないまとめ5 […]

そして第二弾は先月10月、ブロガー友達のカケヅカさん・ツリラクさん・イカヒメさんがそろって亀山ダムへ釣りに行くという話が出たときに、「じゃあ製作中のクランクまとめて色々お送りします」と勝手に申し出て、KDW工場さんに送ったクランクたち…

お三方の亀山釣行に、自分も参加するつもりだったのですが、どうしても仕事休める日ではなく…ガッテム!!

しかし人生で一度もバス釣ったことなかった(という設定にさせられている)ツリラクさんが見事にナイスフィッシュ釣ったようだし、良かったね!

TsuriLuck

レンタルボートフィッシングというワードを聞くと思い出すリザーバー、亀山ダム。 亀山ダムで釣りしたことない私ですが、亀山が…

その夜開催された祝賀会には参加させていただき、楽しい時間を過ごさせてもらいましたm(_ _)m

 

…話がだいぶ逸れましたね、すみません…

 

そして、色々機材や薬品類が揃えられた状態で取り組んだ今回が、第三弾のクランクベイトたち…

モデルとしては大きく分けて2つ、1/2ozクラスのセミフラットサイドクランクと、3/8ozクラスのフラットサイドクランクです。

ただフラットサイドの方はリップ角度を変えたパターンも作っていたりと、完全同一モデルではありません。

まだ色々と実験したい段階なので…

塗りとしては以前よりも多少はまともになってきたように感じます…

個人的に、今回のノープラン塗りで気に入ったのはファイヤータイガー系のベース色でブラックのスプラッターを吹いた「青みかん」です。笑

この色に関してはもう少しスプラッターを抑えてベリーの発色を良くするなどして、定番色化したいと考えています♫

あとはすでに自分の定番色化しているブルーバックシャッド的なカラー…某ブロガーさんたちからは何故か「蒼井優」と名付けられました。笑

あとは目に見えないところで言うと、第2弾と今回とでは、ボディの強度にかなり差があります。

ハンドメイドのバルサ製ルアーだからといって、使っていたらあっという間にボロッボロに塗装が剥げてきたり、ボディが簡単に破損したりじゃあ残念すぎですもんね…

そこそこ良いところまでは強度出しはできるようになってきましたが、これに関しては色んな実験を引き続きやっていって、少しでも「モノとしての丈夫さ」が実現できるよう精進したいと思います!

クランクに名前付けよっと

さっき書いたように、自分が今作り込んでるクランクベイトは2パターンで、これまでブログやSNSでは「自作クランク」とか「自作フラットサイド」とか呼んでいたのですが、特定のモデルを指す名前が欲しいなと思いまして…名付けてみました♫

Taiper-CF

Taiper-CF(テイパーシーエフ)は自分が初めて自作クランクで釣果をあげたセミフラットサイドタイプのクランクベイトをベースにしたモデルです。

▲そのときの釣行記はコチラ

Taiperについてはまぁさておき、CFはまぁ見ての通り「コフィンリップ」からきています。

スペックとしては1/2ozクラス、ボディ長65mm程度となっています。

定番クランクベイトのNLWさんとチッパワと比較するとこんな感じ…

テイパーCFの方がちょっとボリュームがあるかなぁ程度で、まぁ大きすぎず小さすぎずな中型のクランクベイトです。

アクションの質は大きめ、カバーに入れても使えるし流れのあるスポットをしっかり泳がせることもできるし…的なイメージで製作しているものです。より細かい話はまた後日にさせてください_(._.)_

Clam-R

Clam-R(クラム・アール)はR=ラウンドリップで、ボディ長63mm程度でテイパーCFよりやや小ぶりに、そして薄くしたフラットサイドクランクです。

このモデルも、今年の夏~初秋に活躍してくれました。

サイズはテイパーCFよりも選べなくなりますが、魚にある程度やる気があれば、広く拾っていけるルアーかなぁなんて感じます。

あとシミーライズする様が可愛いです。クネクネクネクネ・ポコンって。笑

世間的に釣れる・釣れないさておき、個人的にはこのアクションがとても好きでお気に入りポイントです。

長くなるので、クラムRも詳しい話はまた後日ということで_(._.)_

パッケージングするとそれっぽい(?)

今回製作したクランクはいくつかお知り合いの方に送り付けてみようと思いまして、折角なんでパッケージングをしてみましたよっと。

なんとなくそれっぽさがほのかに立ち込めたような立ち込めてないような…笑

これについては「テストお願いします!」とかでは全然なく、「モノは試しで使ってみてください、こんなん作っているので」程度のテンションです。

まぁ最終的なルアーのテストってやっぱり「自分」なので、晩秋のリバーカヤックバスフィッシングでどうなるかが楽しみです!(台風影響で今年は凄く厳しそうだけど…)

さいごに

今後の予定ですが、気が付けばもう冬目の前、ということで、とりあえず春までに何をどれくらい作るかを自分の中ではっきりさせました。

そうじゃないと睡眠取らな過ぎて死んでしまうし。笑

それと、来年用に自分が使いたい新作トップとかも作りたいのです、構想は結構色々あるので…( ̄▽ ̄)あは

でも専用ツールが色々揃ったことで、本当に作るのが楽しい日々なので、机占領したりしているのを許してくれる嫁さんに感謝感謝です。

そんなわけで、引き続きハンドメイドルアー製作については随時発信していきますのでよろしくです(‘ω’)ノ

関連記事

ルアービルディングの世界へ飛び込むために、乗り越えなければならないハードルをぐっと下げる、「充電式コンプレッサー一体型エアブラシ」をレビューします。 目次 1 ルアービルディングへの障壁2 初期投資にそこまでかけられない…のであれば…3 充電式コンプレッサー一体型エアブラシ外観&4 充電式エアブラシで試し吹き5 充電式エアブラシで実際にルアーを塗装する6 入門者には運転時間は十分7 購入す […]

匠の素顔 別冊つり人 (別冊つり人 Vol. 356)

匠の素顔 別冊つり人 (別冊つり人 Vol. 356)

7,833円(11/20 04:30時点)
発売日: 2013/09/05
Amazonの情報を掲載しています
広告