【オススメ】 ワームをほとんど使わない釣り人が愛用しているワーム5選

最近はハードルアーを多投するようになったので、当ブログ内ではワームに関する話題は割と少ないかと思います。

実際ここ数年で自分が購入しているルアーの大半はハードルアーなので、ワームに関して幅広い情報を持っているわけではありません…

でもだからこそ、ざっくり雑なワーミングしかしない自分でも魚を連れてきてくれる、素晴らしき釣れ釣れワームたちを使うわけでして…

今回はそんな信頼している素晴らしいワームたちに焦点を当てたいと思います。

ワーミングほぼやらない人が信頼するワーム5選

みなさんこんにちは、生粋のにわかハードベイターことみかん🍊です(謎)

相変わらず中々外出の自由がはばかられる状況が続いておりますが、そんな状況からかツイッターにて「#プロでもなんでもない釣り人の本気で信頼してるルアー」というタグが賑わいを見せています。

タグ付けして自身が本当に信頼しているルアーを書き連ねる投稿なのですが、これが様々な人の信頼するルアーを知ることができ、中々面白くてですね…早速自分も便乗して投稿しました。

しかしツイッターでは文字数制限もあるし、もう少し深堀したことをブログに書くかな…と考えたわけです、が!

ハードルアーに関しては、本当に信頼し、愛用しているものは過去にもうインプレ記事書いているし、なんだか内容の重複ばかりなってしまうな…と。汗

関連記事

当ブログの「絶対的信頼を置く~」シリーズ第3弾。 デッドスローからファストリトリーブまで対応できる最強の中型クローラーベイト、「ヤマトクローラー」をインプレします。 目次 1 ヤマトクローラーとは2 ヤマトクローラーの使い方・アクション動画2.1 食わせで使うデッドスロー~スローリトリーブ2.2 追わせて食わせるレギュラー~ファストリトリーブ3 ヤマトクローラーのチューニング3.1 フェザーフック […]

関連記事

シリーズ化を目論んでいる『絶対的信頼を置く~』第二弾★ ディーパーレンジに続きボルケーノグリッパーの実戦的インプレッション(^ω^) 目次 1 愛用のバズベイト、ボルケーノグリッパー2 バズベイトの基本的な考え方3 バズベイトの中心的存在、ボルケーノグリッパー4 ボルケーノグリッパーの使い方5 ボルケーノグリッパーを使う上での注意点5.1 飛距離が出ない5.2 ワイヤーの変形5.3 トレーラーフッ […]

なので今回は、冒頭に書いたように、あえてソフトルアー縛りで選りすぐりのものを紹介してみたいと思います。

ここ何年もズボラでざっくりなワーミングしかやってきていない私でも、しっかり魚を連れてきてくれる素晴らしきワームたちと、その使い方をご紹介します!

野良ネズミ(ティムコ)

一発目は説明不要の大人気ワーム、野良ネズミちゃんです。

野良ネズミは2020年も活躍でしょう。

もうこれに関しては以前にインプレ記事もしっかり書いているので、そちらをご参照くださいませ_(._.)_

野良ネズミにはショートロッド

関連記事

ティムコから発売されているエラストマー素材の表層系ワーム、野良ネズミを使い始めて丸一年が経ちました。 もっと早くから使い込んでいる方々はたくさんいらっしゃるので、自分が色々語るのはちょっと恐縮ですが、自分なりのセッティングや使い方が定まってきたのでまとめたいと思います。 目次 1 驚異的な釣果を叩き出す「野良ネズミ」とは…2 野良ネズミのタックルセッティング3 野良ネズミのフックセッティング4 フ […]

自分の2018年・2019年とワーム釣果で圧制的シェアを占めています。

2020年、ティムコさんからは野良ネズミと相性抜群の「クリッタースティック」やオリジナルとマグナムの間を埋める「野良ネズミウルトラ」も発売ということで、引き続き変わらず多くの釣果報告を目にしそうですね…!

もちろん自分も、今年も変わらずにお世話になると思われます(^_^;)(釣れないときに毎度毎度、野良ネズミ頼りにならないよう注意しますが…笑

ドライブスティック4.5インチ (o.s.p)

次も説明不要の名作ですね。汗

o.s.pドライブスティック4.5が名作すぎる

o.s.pの「ドライブスティック」です。

もうこれに関してはどれだけ魚釣って何袋消費したんだろう…というレベルで使ってきたワームです。汗

もちろんどのサイズでも釣れ釣れですが、個人的に推奨するのは万能に使える4.5インチ。

o.s.pドライブスティックのシンプルな使い方を解説

使い方は非常に簡単でして、ノーシンカーでダウンクロス気味に川の流心に向かって投げて、念じながらドリフトさせるだけ!!

フックサイズの変更や軽めのネイルシンカー挿入でレンジを微調整するとか、回収時にライズアップさせて逃がすとか、色々細かいテクニックはありますが、まぁそういうとこ無視しても念じれば釣れる…それくらい釣れるワームです。(語彙力)

スペック2との使い分けやバックスライドセッティング仕様などもせず、ノーマルタイプのノーシンカー使い、これが最強だと自分は思っています👍

スイングインパクト 3.5インチ(ケイテック)

次も説明不要の名作、スイングインパクト。

ケイテックの名作ワーム、スイングインパクトの使い方

ケイテックのワームはどれも安いしクオリティ最高だし釣れるしなので、まぁ最高ですよね…

その中でもスイングインパクト3.5については、川スモールに対しては「ただただ餌」。

スイングインパクトで釣れた川スモール

基本は使わないでください、サイズ問わず無差別に釣れてしまいます。(白目)

年中釣れるワームですが、個人的には特にスポーニング直後~1カ月ほどの期間は、コイツのダウンショットが強すぎます。

もちろん3.5インチ以外のサイズも使うし、同社から出ているイージーシャイナーも使うのですが(こっちもかなりエサ感…)、どれか一つと言われたら自分はスイングインパクト3.5をセレクトします。

とりあえず、ほぼ反則なので基本は使わないでください。(二回目)

ハリーシュリンプ 4インチ(ボトムアップ)

こちらは割と新米の部類かと思いますが、今後もロングテールで愛されていくであろう名作さんです。

ボトムアップ、ハリーシュリンプ4インチは名作の予感。

ダウンショットやジカリグ、キャロでもジグトレーラーでも何でもイケるワームではありますが、個人的に相性の良いリグはフリーリグかジカリグ(リーダーレスダウンショット)。

テトラ帯や冠水ブッシュなど、テンポよく撃ったり落としたり泳がせたりしてみてください。

まぁ釣れますから。

ハリーシュリンプとリーダーレスダウンショットが相性良し。

季節的には5月以降、9月くらいまでという感じ。(手長エビパターン、ザリパターンにとてもマッチしますしね♪)

ボトムアップ ハリーシュリンプ 4in スカッパノン

ボトムアップ ハリーシュリンプ 4in スカッパノン

742円(06/06 17:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

カットテール6.5インチ(ゲーリーヤマモト)

ロングワームがマイブームとなった頃、かなり頻繁に投げていて、威力を感じたワーム。

ゲーリーヤマモトのカットテール6.5インチがコスパ良し!

シャッドテール系ワームや最近流行りの忙しなく自発アクションするクロー系・シュリンプ系ワームとはまた違うアプローチとして必要なカテゴリーだと思っています。

使い方はノーシンカー一択。

ボトム付近を漂わせるようにフワ~っとi字引きするようなイメージです。

何故6.5インチなのかというのは、ロングワームは長くなりすぎるとフッキングがどんどん悪くなるので、扱いが小難しくなるのです。汗

それに加えて、カットテールって6.5インチの上が7.75インチなのですが、7.75インチからは5本入り約1,000円なんですよ…

大して6.5インチは10 本入りで約1,000円…

コスパ的にも圧倒的に自分は6.5インチを推奨します👍笑

カットテール6.5インチでの釣果。リグはノーシンカーリグ。

まとめ

個人的に手放せない、名作ワーム5選でした。

自分が絶対的に信頼しているルアーあげてみると、得手不得手がみえてくるかも!?

在宅時間でタックルボックスと見つめ合ってみるのも良いかもしれませんね♪

あと、量的に一生使い切らないほどのワームを所有されている方は、整理してみるのも良いかもしれませんねー/(^o^)\笑

関連記事

おうち時間が増えているならば…いうことで、この機会に愛用の釣り道具をきちんとお片付けして整理整頓するのはどうでしょう? 今回は自分流の釣り具の収納方法や、釣り具を所有することへの考えについて紹介してみたいと思います。 目次 1 釣り具の整理、どうしている?2 4畳半の部屋に「好き」を詰め込む2.1 クローゼット内の収納2.2 デスク周りの収納3 大物は屋外収納に隠すべし4 マルチピースナンデモロッ […]

釣り具の整理整頓・収納術をご紹介
広告